換気扇を掃除するには洗剤選びがポイントになる

台所

重曹を活用しましょう

女性

換気扇掃除は重曹と市販の洗剤を組み合わせると簡単です。重曹はアルカリ性なので油汚れを効果的に落とせます。また重曹で落としきれなかった汚れは市販の洗剤で落とします。市販の洗剤は40度程度のお湯に投入することで効果がアップします。しばらくつけ置きしてシャワーで洗い流せば掃除完了です。

頑固な油汚れを落とす

掃除道具

油汚れにはアルカリ性

最近、台所のにおいがちょっと変だと感じてきたら、それは、換気扇の汚れが原因の可能性があります。換気扇が汚れていると、台所の換気が上手くできなくなります。必然的に、料理の臭いが部屋に蔓延してしまいます。換気扇の汚れは殆どが油がこびりついたもので、食器用の中性洗剤では、漬け置きしてもそう簡単に落ちません。そこで、近年、多くのメーカーから換気扇掃除専用の洗剤が発売されています。換気扇の汚れは殆どが油がこびりついたものです。油は酸性なので溶かして落とすためには、アルカリ性の洗剤が高い効果を示します。昔から重曹で油汚れが落ちると言われてきましたが、これは、重曹がアルカリ性だからです。重曹は100均でも購入できるのでコストパフォーマンスは高いのですが、水に溶けにくいので若干掃除に使いにくいところはあります。換気扇掃除用の市販洗剤は、炭酸ソーダ系で比較的水に溶けやすいので、水やお湯に溶かしてつけ洗いなどができるので便利です。換気扇掃除用の市販洗剤でもうまく汚れが落ちない頑固汚れの場合は、業務用としてプロが使う洗剤を利用する方法があります。ただし、業務用の掃除洗剤はアルカリ度が高いので、市販洗剤と同様には使うことはできません。使用するときの濃度などは使用説明をしっかり読んで守って利用しないと、逆にトラブルの原因となってしまいます。使用する時は、マスクとゴム手袋、ゴーグルを付けて体に直接つかないようにし、アルミ製品には塗装の部分が変色する場合があるので目立たない所で確かめてから使用する必要があります。

頑固な汚れを落とすには

換気扇

換気扇掃除は、換気扇の汚れをざっと落としてから洗剤につけてこするのがコツです。洗剤はアルカリ性のものが多く、ドラッグストアなどで買えます。重曹ならばより安全です。業務用のさらに強力なものもありますが、取り扱いは注意が必要となります。

つけ置きがおすすめです

清掃用品

換気扇の掃除には、キッチンの洗剤を使用します。洗剤にはさまざまな種類があるため、汚れの度合いや使いやすさを考えて使用します。洗剤をつけてからしばらく時間をおくと、汚れが落ちやすくなります。また、掃除中は、けがのないように気を付けます。