換気扇を掃除するには洗剤選びがポイントになる

ウーマン

頑固な汚れを落とすには

換気扇

選び方と使い方のコツ

換気扇は汚れがたまりやすい部分です。特にキッチンの換気扇は油汚れがこびりつきやすく、頑固な汚れとなりやすい部分です。日常的に掃除をするのはなかなか大変なので、ついつい後回しになってしまい、気がつくと汚れがとりきれないほどたまっている、ということにもなりかねません。そうなる前に、定期的な掃除を行うことと効果的な洗剤の種類を知ることが大切です。換気扇掃除の基本的な手順は以下の通りです。まず換気扇のコンセントを抜き、プロペラ部分を外します。洗剤につけるまえに、大まかに汚れやほこりを落としておきます。その後、適切に薄めた洗剤につけ、数分放置します。数分たったら洗剤を水で流し、よく水気をふきとったら終了です。このように手順としては以外と難しくありません。時間がかかるのは汚れのつき具合と、洗剤の効果具合が関係してきます。換気扇汚れは大半が酸性の汚れのため、アルカリ性の洗剤が効果的です。ドラッグストアなどでも専用のものは売っています。より安全性とコストパフォーマンスを求めるのならば重曹がおすすめです。重曹ならばほかのところの掃除にも使えますし、何より安全性が非常に高いです。市販の洗剤でもとれないほどならば、業務用を選ぶのも一つの方法です。業務用のものは非常に強力でコストパフォーマンスもよいです。しかし、その分やや刺激が強いため、肌や目に入らないように重装備で作業しなければなりません。一長一短あるので注意しましょう。