換気扇を掃除するには洗剤選びがポイントになる

ウーマン

重曹を活用しましょう

女性

2回に分けると効果的です

部屋の中が何となく油臭く感じる場合は換気扇の汚れをチェックしましょう。換気扇は毎日の料理で利用するためなかなか掃除の手が回りにくい場所ではありますが、定期的に掃除しておかないと汚れが固着して落ちにくくなってしまいます。そのため換気扇は3ヶ月に1度は外して掃除するようにしましょう。換気扇の掃除を簡単に済ませる洗剤として重宝するのが重曹です。重曹は弱アルカリ性なので油汚れを分解して落としやすくする性質があります。また水を混ぜてこねると粘土のようして使うことができるので、手が入らない細かな部分の清掃も手早く済ませることができます。重曹で換気扇の油汚れが緩んできたら、お湯に浸したキッチンペーパーで拭います。そうするとほとんどの油汚れがすっきりと落ちることに加え、固着した油汚れも柔らかくなって取り除きやすくなります。重曹で大まかな油汚れを落とした後は市販の洗剤で仕上げ洗いを行います。市販の洗剤は40度程度のお湯に入れてよくかき混ぜておきましょう。洗剤は水で使うよりもお湯に入れることで界面活性力がアップするので、重曹だけでは落としきれなかった油汚れもきれいに落としきることができます。換気扇の細かなパーツはバケツなどに入れてつけ置きしておきましょう。レンジフードには洗剤入りのお湯に浸したキッチンペーパーを貼り付けます。そのまま10分ほど置き、あとはシャワーで洗剤を洗い流せば掃除は完了です。このように換気扇掃除の際にこびりついた油汚れが目に付く際は、重曹と市販の洗剤を組み合わせて効率よく掃除することができます。